金剛筋シャツ 楽天

金剛筋シャツは楽天で買えるの?本物を確実に最安値で買う方法!

代謝を上げる食べ物をご紹介!朝昼夜に気をつけたい食事法3つ


 

基礎代謝をあげるには、エネルギー消費量の多い筋肉をつけるのが一番効果的・・・と分かっていても、筋トレが苦手な人や運動する時間の取れない人もいますよね。

 

そんなときは、食事や食生活から基礎代謝アップを目指すのもいいかもしれません。

 

食べ物や食べるタイミングを少し変えてみるだけで、代謝量には違いが出てきます。どんな食べ物が代謝を上げるのか、簡単にまとめてみました!

 

代謝量を上げる食べ物3つ

代謝を上げるといわれている食べ物にはいくつか種類があります。ここでは、メジャーな3つをご紹介します。

 

ビタミンBを含む食べ物

ビタミンB群は、代謝をサポートしエネルギー消費を促します。ビタミンB群が含まれる食べ物としては、レバーや青魚、豚肉、牛乳、卵、納豆などがあります。

 

アミノ酸を多く含む食べ物

アミノ酸の中には、脂肪を燃焼しエネルギーに変える働きのあるものがあります。肉類や魚介類、牛乳やチーズ、大豆などに多く含まれます。

 

ヨウ素を多く含む食べ物

ヨウ素が不足すると、基礎代謝が落ちるといわれています。ヨウ素は昆布やわかめなどの海藻類や、カキ、イワシなど魚介類に多く含まれます。

 

代謝を上げるための食事法3つ

代謝を上げる食べ物だからと毎食そればかり食べるわけにはいきません。ここでは朝・昼・晩の食事のとり方についてご紹介します。

 

朝食では酵素を摂る!

朝ごはんを食べないという人もいるかもしれませんが、代謝アップのためなら朝食は摂った方がいいでしょう。朝ごはんを食べることで、体温が上昇し1日の代謝が活発になります。

 

朝食で生野菜や果物を摂れば、消化や代謝に必要な酵素がたっぷり摂れます。ジュースやスムージーなど、消化吸収しやすい形で摂れれば最高です。

 

運動中や筋肉作りをしているなら、野菜や果物にプラスして卵料理などでたんぱく質を摂るといいですね。

 

朝ごはんはどうしても食べられないという人は、無塩のナッツ類やゆで卵などの軽食を午前中に摂るだけでも違います。

 

ランチはサラダとプロテイン中心

筋肉を作ったり、維持したりするにはたんぱく質(プロテイン)が必要です。1日のうち活動量の多くなる昼ごろには、プロテインを補給しましょう。そしてサラダなどで、消化吸収をサポートするビタミン類を摂るのも忘れずに。

 

付き合いや誘惑に負けて、脂っこいものを食べることもあるかと思います。そんなときは、カルシウムを多く含んだ牛乳やヨーグルトを1カップほど摂ると、余分な脂肪を排出する助けになります。

 

夜は魚類でたんぱく質を

これから睡眠に入る夜には必要以上のカロリー摂取は控えたいものですよね。

 

魚に含まれるオメガ3脂肪酸は、満腹中枢を刺激するといわれています。特にサーモンには、筋肉維持に必要なビタミンDがたっぷり含まれています。

 

まとめ

代謝を上げる食べ物や食べ方をご紹介しましたが、参考になったでしょうか?

 

上でご紹介したものの他にも、カプサイシンや生姜など体がポカポカする食べ物は代謝を上げる食べ物だといわれています。

 

ただし、代謝を上げる食べ物だからといっても、摂取カロリーが増えてしまっては意味がありませんので、摂りすぎには注意してくださいね!

 

 

タグ : 

スリムになるための情報