金剛筋シャツ 楽天

金剛筋シャツは楽天で買えるの?本物を確実に最安値で買う方法!

金剛筋シャツとウルトラシックス、どちらが「買い」か?


 

加圧シャツブームが加熱している現在、さまざまなシャツが売られていてどれを買うか迷ってしまいますよね。金剛筋シャツを買うか、ウルトラシックスを買うかで迷っている人も多いのではないでしょうか?

 

金剛筋シャツもウルトラシックスも、累計販売枚数が10万枚を超える人気の加圧シャツです。迷うのも無理はありません。

 

この記事では、金剛筋シャツとウルトラシックスの相違点を比較し、どちらが「買い」か検証してみました!

 

金剛筋シャツとウルトラシックスの性能は?

金剛筋シャツやウルトラシックスの公式サイトを比較すると、どちらも加圧シャツとしての機能は同じように見えます。

 

どちらのシャツも人体工学に基づき設計・縫製されており、筋肉を効果的に刺激するように加圧力が働きます。また競泳水着等に使われる高級ポリウレタン繊維、「スパンデックス」が採用されているのも、両シャツの特徴です。

 

Vネック仕様で見た目もそっくりな金剛筋シャツとウルトラシックスですが、効果も同じなのでしょうか?

 

素材に見る金剛筋シャツとウルトラシックスの違い

上述のとおり、金剛筋シャツもウルトラシックスも、「スパンデックス繊維」という特殊な素材を採用しています。しかし、その繊維の配合量には大きな違いがあります。

 

ウルトラシックスはこのスパンデックス繊維が8%、ナイロン92%となっています。金剛筋シャツのほうは、スパンデックス繊維20%、ナイロン80%と、スパンデックスの配合量が12%も多いのです。

 

この繊維が多ければ多いほどいいという意味ではありませんが、加圧力を作り出すのはこのスパンデックスですので、性能の違いを作り出すのは確かです。

 

実際に製品を広げてみると金剛筋シャツのほうがウルトラシックスより小さく見えます。つまり着用時には、金剛筋シャツのほうがより強い加圧力が体にかかると言えます。

 

金剛筋シャツはしっかり加圧がかかるので窮屈と感じる人も中にはいるかもしれませんが、着心地も重視して設計されていますので基本的に心配はいらないでしょう。

 

また金剛筋シャツには消臭成分の「アモルデン」が配合されています。着用中に汗をかいても、気になるニオイをブロックしてくれます。

 

サイズ・カラー展開は金剛筋シャツに軍配!

ウルトラシックスは、サイズはフリーサイズとなっていますが実際には胸囲88~96cm、身長165~175cmの人向けとなっています。平均的な日本人の体格であればカバーできるかもしれませんが、身長が高い人にはきついかもしれません。

 

一方、金剛筋シャツはMとLの2サイズ展開。Mサイズなら身長162~175㎝、Lサイズなら身長172~185㎝の人に対応しています。つまり、ウルトラシックスではカバーできない身長175~185cmの人でも、金剛筋シャツなら着ることができます。

 

またウルトラシックスはブラックカラーのみ販売しているのに対し、金剛筋シャツにはホワイトがあります。普段スーツで仕事をしている人でも、ワイシャツの下に着られるホワイトカラーがあればより長時間着ることができて便利ですね!

 

まとめ

いかがでしたか?似ているように見える金剛筋シャツとウルトラシックスでも、意外と違いがあるのですね。

 

価格はウルトラシックスのほうが安いので、もし加圧シャツビギナーの方で加圧シャツがどんなものか試してみたいというのであればウルトラシックスからはじめてみるのもいいかもしれません。

 

がっつり加圧シャツで肉体改造したいと思っているのであれば、しっかり加圧のかかる金剛筋シャツのほうがおススメと言えるでしょう。

 

>>金剛筋シャツの詳細については公式サイトでチェック!

 

 

タグ : 

金剛筋シャツ

金剛筋シャツと加圧ナウTシャツはこんなに違う!買うなら断然…


 

金剛筋シャツが気になって調べていると、他にもいろんな加圧シャツが売られていることがわかります。どれも同じように見えると思いますか?例えば楽天などでも売られている「加圧ナウTシャツ」はどうでしょう。

 

金剛筋シャツと加圧ナウTシャツ。どちらも同じように見えますが、もちろん違いがあります。機能や品質が違うと効果も違うのです。

 

ここでは、金剛筋シャツと加圧ナウTシャツの違いを比較してみます!

 

生地が違う!

金剛筋シャツには、ご存知のとおり「スパンデックス繊維」という高級ポリウレタンが使用されています。

 

この繊維は競泳水着などにも使用される伸縮性に優れる繊維です。もちろん伸ばしたらすぐ切れるというようなこともありません。耐久性にも優れているので、着ようとしたら破れてしまった…ということもほとんどありません。

 

また消臭成分「アモルデン」が塗布されているので、運動中のニオイも気にならなくなっています。

 

一方、加圧ナウTシャツは、素材表によると前面はナイロン90%、ポリウレタン10%とあります。(背面はナイロン80%、ポリウレタン20%)ですがこのポリウレタンが、「スパンデックス」かどうかは明記されていません。

 

ポリウレタンは化学繊維なのでさまざまな種類や加工があります。一般的な衣料品にも使われますよね。加圧ナウTシャツの素材が、金剛筋シャツのように耐久性や伸縮性に優れたものかは分かりません。

 

なおサポート素材として、加圧ナウTシャツには「ゲルマニウム」「チタン」「ナノ銀」が配合されています。

 

加圧力が違う!

金剛筋シャツの加圧力は、水着のように伸縮性・耐久性に優れた「スパンデックス繊維」という素材によって実現しています。おなか周りを中心に上半身全体にバランスのよい加圧がかかるように設計されており、背面には背筋を伸ばすための伸張バンドが施されています。

 

金剛筋シャツは、男性の筋肉を効果的に刺激する加圧がかかるよう、人間工学に基づき設計されていると同時に、着心地を損なわないようになっています。

 

加圧ナウTシャツは、前面・背面・腕周りに加圧がかかるとされていますが、上述のとおり素材が分からないので、加圧力の強さや耐久性に疑問が残ります。

 

まとめ

加圧ナウTシャツは1枚2263円、金剛筋シャツは3980円・・・。どうせ同じ加圧シャツを買うなら、安い加圧ナウTシャツにしようかなと思うかもしれませんね。

 

しかし加圧ナウTシャツは金剛筋シャツとは違います。似たような品を安く買えたとしても、もし加圧シャツとしての効果が薄い・まったく無いシャツだったとしたら、意味がありませんよね。いわゆる「安物買いの銭失い」なんてことになってしまいます。

 

加圧シャツの人気が高まるのと比例して便乗商品もどんどん増えていますが、加圧力や素材、伸縮性や耐久性などをしっかり見比べて、しっかり効果の出せるシャツを買うようにしましょう!

 

>>金剛筋シャツの素材等、詳細は公式サイトで確認!

 

 

 

タグ : 

金剛筋シャツ